納得して安い任意保険を選べる三つのポイント

ネットの質問掲示板などを見ていると、軽自動車の保険のことについて悩んでいる方が意外に多いことがわかります。

自賠責保険は新車購入や車検のときに義務として加入することになっていて、保険料はどこでも変わらないので悩むことはありません。

問題は任意保険の方で、経済的な車だということで軽自動車を購入しているだけに、任意保険、つまり自動車保険もできるだけ安くして維持費全体を安くしたいということなのだと思います。

「軽自動車の任意保険で安くて安心なとこありますか? 」
「安くて、補償内容が良い自動車保険はどこですか?」
「軽自動車の任意保険のお薦めを教えて下さい。もちろん保険料は安い方がいいです。」

などという質問をたくさん見かけます。

これまで管理者は、毎年ではないものの一括見積りで任意保険の切り替えを何度となく行ってきましたので、その経験を振り返りながら、どうすれば安心な軽自動車の保険を経済的に選べるのかをまとめてみました。

そのポイントは簡単に言うと次の三つになります。

①補償内容の基本をきちんとおさえること

②保険料が高いか安いかは任意保険の良し悪しと関係ないことを理解すること

③各社の保険料・サービスなどを比べてから自分の任意保険を選ぶこと


軽自動車の保険補償の基本は「対人・対物:無制限、人身障害:5千万円」でOK

軽自動車の任意保険、つまり自動車保険で一番とっつきにくいのが補償内容の話でしょう。

○○補償、△△特約などと専門的な言葉が使われるので字面を見るだけでくじけてしまうかもしれません。

でも基本的なことはそんなに難しいわけでもありません。

まずは、基本となる次の三つを覚えればいいのです。

・対人賠償   ⇒ 無制限
・対物賠償   ⇒ 無制限
・人身障害補償 ⇒ 5千万円

「対人・対物 無制限、人身障害 5千万」とおまじないのように覚えてもいいかもしれません。

対人(対人賠償保険)は他人の怪我や死亡などを補償するもの、対物(対物賠償保険)は他人の財物の損害を賠償するもので、いずれも迷わずに無制限にするのがいいでしょう。
(詳細はコチラ ⇒ 対人賠償保険 対物賠償保険

「対人の無制限は分かるが対物は無制限でなくてもいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、現実に現在ではほとんどの保険会社が、対人、対物とも「無制限」をスタンダードとして提案するようになっています。

例えば、保険料を節約しようとして対物を「1千万円」にしたところで「無制限」の場合と比べて保険料は年額で500円~900円程度の違いにしかなりません。

店舗に突っ込んだり、とてつもなく高価な荷物を積んだトラックとの事故などで億を超える損害賠償の例も実際にありますので、たったこれだけの金額を惜しんだばかりに人生が狂ってしまうということのないようにした方がいいと思います。

人身障害は運転者や同乗者、家族のケガ、死亡などに対する補償です。(詳細はコチラ⇒人身傷害保険

これも1億とか無制限も選べますが、5千万円にしておけば過失割合を50:50の場合相手方の賠償も含めて1億円までカバーされます。

この人身障害も3千万円にするケースもあるようですが、5千万円と3千万円との保険料の差は年額でせいぜい千円前後であり、保険会社によっては300円程度しか差がない場合もあります。

対物賠償の限度額と同じように、少しばかりの保険料を惜しんだばかりにいざという時に困ることにならないよう5千万円にしておくのがおススメです。

以上が自動車保険の補償の基本です。この三つを組んでおけばまずは何があっても基本的に困ることはありません。

これら以外の補償はオプションと考えればいいでしょう。

オプションと言ってもそうたくさんあるわけではなく、真剣に検討するべきは次の二つでいいと思います。

・車両保険
・弁護士費用特約

まず車両保険ですが、これは自分の車の損害に対する補償です。(詳細はコチラ⇒軽の車両保険

車両保険はどの保険会社の場合も保険料が高いので、あくまでも予算との相談になると思います。

ローンで車を購入している場合は、事故で修理費支払とローン支払とのダブルパンチにならないよう、車両保険を付帯しておいた方が安心です。

また高価な車の場合も新車から2~3年の間は付けて置いた方が安心かも知れません。

車両保険の付けかたとしては、別ページで紹介するように「エコノミー+限定A」で免責金額を10万円にするのがリーズナブルでおススメです。

弁護士費用特約というのは、信号停止中に追突される等のもらい事故で保険会社に示談交渉などをしてもらえない時に頼りになる特約で、予算が許せば付けておきたい特約です。(詳細はコチラ⇒弁護士費用特約


軽自動車の保険自動車保険では「高いから安心、安いから不安」というのは当てはまらない

自動車保険というのはちょっと変わった商品です。

通常の商品は値段が高くなるとグレードが上がり品質も良くなって満足度が増します。

通常、高い満足度を得たい時はそのために高い料金を支払いますが、自動車保険の場合は高い料金(保険料)を支払っても満足度が高くなるとは限らないのです。

限らないどころか、むしろ安い自動車保険の方が高い自動車保険に負けないほどの良い評価を得ているのが現実です。
(例えば米国の市場調査機関「JDパワー」の自動車保険顧客満足度調査によるランキングなど)

安い自動車保険というのは通販型自動車保険高い自動車保険は代理店型自動車保険のことです。

なぜ自動車保険はこのようなことになっているのでしょうか。

それは、

損害の賠償のための保険料、つまり保険会社が保険金を支払う財源となる保険料

は通販型も代理店型もほぼ似たようなものだと考えていいのですが、

代理店型が高いのは通販型には無い

「代理店手数料」(勧誘などのための手数料~保険料の15~20%)

という中間コストが含まれているからです。

この代理店型にしかない中間コストがサービスの向上に寄与するものであれば、代理店型自動車保険の顧客満足度は通販型に負けないものとなることでしょう。

しかし現実はどうかというと、日本の代理店は9割近くが車販売店、修理工場などの副業代理店で、しかも法律で代理店による事故対応が禁じられているため、「代理店手数料」は単なる勧誘のための手数料としか言いようがない状況になっています。

つまり、代理店を通して契約するか直接に契約するかという、たったその違いだけで何万円も保険料が違ってしまうというのが、今の日本の自動車保険の現実の姿です。

更に重要なこととして知っておきたいのは、

事故対応は保険会社本体の事故対応担当が行うのは通販型でも代理店型でも全く同じだということです。

代理店が事故現場に駆けつけることもほとんどありません。駆けつけたとしても法律で事故時の斡旋・仲介などは禁じられていますし、そもそも代理店が事故対応に口出しすることを保険会社自体が嫌っています。

通販型のスタイルに車販売店などの勧誘手数料を上乗せしたのが代理店型だとイメージすればわかりやすいでしょう。

手数料が有るか無いかの違いだけですから、上で紹介したように顧客満足度の勝負になれば保険料とは関係のない競争になり、後発組で張り切っている通販型各社の方が勝ってしまうというわけです。

ネットなどでよく見かける「いざと言う時は代理店型が安心」「安かろう悪かろうが通販型」というような代理店関係者の宣伝に騙されてはいけません。

普通車と同様、軽自動車でも、自動車保険は安い所を選ぼうとすることに何の問題もないし、むしろ安い方に顧客満足度の高い保険が多いということを忘れてはいけません。


軽自動車の保険各社の保険料を比較し安くて安心な保険を選ぶ

以上の二つのポイントがわかれば、本題である安くて安心な軽自動車の保険選びを誰でも簡単に行えます。

具体的には、自動車保険選びの定番のようになっている【無料】一括見積りのサービスを利用して各社の保険料を比べ、一番安い所を選べばいいのです。

この一括見積りサービスは大抵最大20社程度に一括して見積もり依頼が出来るので、JAや全労災などを除いたほぼ全社の自動車保険をカバーすることができます。

安い保険料だけでなくロードサービスなどにもこだわりがあるのであれば、それらも比較して自分にあった軽の任意保険を選べばいいのです。

この自動車保険一括見積りは、完全無料である上に電話勧誘などの心配もないことから、毎年100万人近くの人が利用している人気の無料サービスです。

車検証、免許証、今加入している自動車保険の保険証券が手もとにあれば数分でネットから申込み入力することができます。(初めて自動車保険に加入する場合は車検証、免許証だけでOKです。)

管理者もそうでしたが、初めて一括見積りで各社の保険料を比べてみると、そのあまりの違いの大きさに驚いてしまいますよ。

同じ軽自動車、同じ加入条件で、2倍以上の違いがでることも珍しくありません。

どうぞ楽しみながら、納得できる軽の保険を選んでみてください。

今一番の人気、おススメの一括見積りの詳細はコチラです。コチラ ズバット自動車保険比較

■完全無料で勧誘電話の心配もない一括見積り

自動車保険一括見積りは、誰でも無料で利用することができます。

無料サービスにありがちな利用後の勧誘電話などの心配も全くありません。

毎年100万人近い人が利用しているサービスで、更新時期になれば毎回利用するリピーターも多いようです。

中でも人気が特に高い3サービスを当サイトからの利用が多い順に紹介してみましょう。

第一位

ズバット自動車保険比較

数分の入力で最大20社を一括比較。
契約期間中途でも満期60日前の自動見積もり予約が可能。
見積結果を画面の比較表で一覧比較できます。

第ニ位

保険スクエアbang!

たった数分の入力で最大19社に一括して見積り依頼。
入力後メールで専用の見積結果ページの通知が受けられます。
いま最も使いやすくて優秀な一括見積もりだと評判です。

第三位

インズウェブ

最短5分の入力で最大22社に見積りを一括依頼。
見積り結果はリアルタイムで画面に表示されます。
いま最も多く利用されている一括見積もり。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ