自賠責保険だけだと「無保険車」のようなもの

軽自動車の場合も自動車保険には強制保険と任意保険の2種類があります。

このうち、強制保険は「自動車損害賠償責任保険」、略して「自賠責保険」と呼ばれています。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律によって加入が義務付けられ、新車購入や車検の時に強制的に加入させられることになります。

自賠責保険に加入せずに軽自動車に乗った場合には、法律による罰金が課せられ違反点数も引かれるという処分を受けます。

自賠責保険というのは、事故が起きた場合に加害者が怪我したり死亡した人に対して最低限の保障をするためのもので、保険料が任意保険に比べて安い代わりにその損害賠償額も低くなっています。

死亡事故など大きな事故の場合は自賠責保険だけで損害額の支払を全部行うのはほとんど不可能でしょう。
(例えば死亡の場合の自賠責保険の補償上限額はたった3000万円という具合です。)

「任意保険」は、この自賠責保険で支払え切れない部分を補うための任意加入の保険です。

自賠責保険の加入は新車購入時に行われ、更新は車検の時期に合わせて行われるようになっています。

実際には、車検を受ける自動車修理工場などが代理で自賠責保険に関する手続きをしてくれます。

上でも少し触れましたが、自賠責保険の補償による支払限度額は低く、本当に最低限の補償と言っていいでしょう。

傷害による損害では、上限が120万円の補償、後遺障害による損害の場合、障害の程度によって1級から14級までありますが補償額は1級なら最高で75万円、14級なら最高で3000万円です。

死亡の場合の補償額は最高3000万円までとなっています。

こうした金額はとても十分なものとはいえず、車を運転するなら任意保険は欠かせないものだと言っていいでしょう。

自分は任意保険に加入していても事故の相手方が任意保険未加入だと、これも大変なことになってしまいます。

人身障害保険をつけていなかったりすれば本当に大きいダメージになってしまうでしょう。

任意保険の加入率は全国平均で7割ちょっとのようですが、まだ3割近くの無保険状態に近い車が公道を走っているということになります。

やはり安全運転に越したことはありません。

なお、自賠責保険の保険期間は、12ヶ月契約、13ヶ月契約、それに24ヶ月契約、25ヶ月契約、36ヶ月契約、37ヶ月契約と6種類あり、車検期間の違う車に対応できるようになっています。

自家用車と軽自動車以外は、36ヶ月契約と37ヶ月契約はありません。

一方、軽二輪自動車と原動機付自転車は、12ヶ月契約から最高60ヶ月契約まであります。

また、任意保険と自賠責保険は同じ保険会社の方が事故の時の手続きがスムーズに運ぶというのは事実ですが、これにこだわると任意保険の選択肢が無くなってしまうので、特に気にする必要はないと思います。


※クルマのあれこれ お得な情報
車を売る予定がある場合はまずコチラで相場をつかんでみてはどうでしょう。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ