無料一括見積りなら自動車保険各社の比較が簡単にできる

自動車は、軽自動車の普及もあって今や一家一台どころか一人一台の時代になりつつあるように見えます。

日本に限りませんが、凶器になりうる自動車を運転するなら自動車保険への加入は避けられません。

車の保険のうち自賠責保険は法令による義務加入なのでどの保険会社で加入しても保険料は同じですが、任意保険に加入する場合は、加入する保険会社や付帯する特約などの有無やリスク区分の違いによって、自動車保険の保険料が大きく違ってきます。

どこの保険会社もほぼ横並びで特に自分で選ぶ必要がなかった昔と違い、今では自分できちんと選ばないと大きな無駄遣いになりかねない時代になりました。

また、自動車保険の自由化により新たなタイプの自動車保険も登場し、現在では20社をゆうに超える保険会社が自動車保険を販売しています。

その中から自分にあった自動車保険を見つけるためにはちょっとした勉強が必要になってきたといえるでしょう。

勉強といっても、鉢巻を巻いてうんうん唸るような勉強でなく、自動車保険を賢く選ぶには、補償内容や自動車保険の基本タイプの違いなど、本当に基本的な知識を持って自動車保険選びをした方がいいという程度のものです。

従来の代理店関係者の方は「素人が自分で自動車保険の補償内容を組んだりするのは無理」というようなことを盛んにネットなどで宣伝しますが、決してそんなことはありません。

どこの保険会社でも、「スタンダードプラン」「節約プラン」「補償充実プラン」などの標準的なプランを用意していますし、迷ったら節約プランやスタンダードプランを選んでも充分にOKです。

全く自動車保険の知識が無く自動車ディーラーなどにお任せだと数万円単位で損をしているかも知れません。

それほど今では保険料が安くて補償、サービスとも優秀というコストパフォーマンスの高い自動車保険がたくさんあるのです。

このような知らないうちの損を避けたければ、多少面倒でも自分で選べるようにしなければいけません。

幸い自由化によって自動車保険が多種多様になってから、それらをネットからの入力で比較できる無料サービスが多く出るようになりました。

代表的なのは自動車保険一括見積りという無料査定サービスです。

とっつきにくければまずはこの一括見積りを試してみましょう。

各社の保険料の違いに驚き「何でこんなに違うんだろう」「こことここは何のサービスが違うんだろう」などとやっているうちに自然に自動車保険の勉強になっちゃいます。

中には、毎年更新の通知が来ればこの一括見積りで各社を比較して一番安いところに切り替えるというリピーターもいるくらいの人気サービスです。

利用者数は毎年100万人を超えるそうですから、すごいことですね。

いまや自動車保険比較、自動車保険選びに欠かせなくなった一括見積り、今悩んでいるならぜひ試してみてください。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ