対人事故で死亡なら1億円の賠償を覚悟しなければならない

自動車事故で相手が死亡した場合、自賠責保険では上限の3000万円までしか補償がありません。

自動車事故で相手を死亡させた場合の補償金額は1億円という場合がザラですから、自賠責保険の補償では到底足りず、任意保険によって不足をカバーする必要があります。

請求額から3000万円を引いた超過分は加害者が支払うことになりますが、もし任意保険に加入していなければ、1億にも迫ろうという金額を自分で用意しなければならないことになります。

通常、よほどの富豪でない限りこのような大金を用意するのは無理な話で、対人賠償は自動車保険の補償の中で中心となる最も重要な補償だといっていいでしょう。

実際任意保険に加入していなかったため、被害者やその遺族が十分な補償を受けられないケースが増えているといいます。払えない加害者の方もまた人生が大きく狂ってしまうということになるでしょう。

繰る返しますが、対人補償は自動車保険のなかでも最も重要な補償です。

どんな高額な補償請求になっても対応できるように補償限度額は「無制限」にしておくべきです。

「無制限」とはあくまでも上限額の話で、いくらでも支払われるという意味ではありません。

保険会社の調査の結果と妥当な請求金額だと認められれば、その金額が補償として支払われるうというものです。

対人賠償は必要不可欠な補償ですが、世の中にはこれを悪用して金をだまし取ろうとする人もいるようで困ったものですね。

なお当然のことですが対人賠償が支払われるのは、あくまで「他人」に対してということになります。

自動車保険でいう「他人」とは、契約者とその家族以外の人のことを指します。

事故の相手が自分の家族だった場合は契約者と同等とみなされて、支払い対象にはならないのです。

自分や家族、同乗者のケガや死亡などの損害額は「対人賠償」ではなく心身障害補償という補償でカバーすることになります。

自動車保険の用語の定義は、日常的の言葉の定義とは違う場合があるので注意が必要です。

「対人賠償」の「人」は被害者のことだということを頭に入れておかないと、実際に事故になった時に「話が違う」ということにもなりかねません。

対人賠償の場合、被害者と加害者の背後関係が調査されるといわれます。

もし何らかの知り合いだったりすれば、場合によっては家族と同じ扱いになり「他人」とはみなされなくなる可能性もあります。

対人賠償の支払い要件は「他人であること」と「偶然であること」であり、少なくともこの要件を満たしていなければ、対人賠償の支払い対象にはなりません。

疑問が残る場合は保険会社や代理店にきちんと確認をしておいた方がいいでしょう。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ