事故で賠償しなければいけないのは相手の車両だけではない

軽自動車の保険の補償内容として、対物賠償も欠かせません。

対物賠償は、自動車事故によって他人の財産に損害を与えたときのための補償です。

「対物賠償」という言い方からは自動車、建物などの「モノ」を連想しますが、直接的な損害のほかに営業中の店舗や業務用車両などの損害であれば、営業に対する損失も補償しなければなりません。

建物や車両を直せばいいというわけではなく修繕期間に見込まれる営業収入も補償しなければならないのです。

なぜ営業補償まで行わなければならないのかというと、事故が原因で休業になった場合、損害を回復するまでの期間に営業利益をあげることができないからです。

このため、例えば店舗に突っ込んだり大型バスとの事故などでは想像以上の巨額の賠償になることも少なくありません。

自動車保険の対物賠償は当然「モノ」だけではなく、これら休業補償などの損失もカバーしてくれることになります。

半ば公的な設備であるガードレールや電柱などを壊した場合にも適用されます。

事故を起こした車そのものが高額な場合もあり得ますが、営業用の車両などの場合は、どんな高額なものを運んでいるかわかりません。

現実に日本での対物賠償の高額な実例として1億円を超えたケースもあるようです。

また、貴重な骨董品などを運搬していたトラックに追突したため、1千万円近い補償を求められたケースもあるといいます。

ですから、対物賠償の上限額は1000万円とか3000万円とかの中途半端なものにしないで、「無制限」にしておくのが大事なポイントです。

上限額1000万円にする場合と無制限にする場合との保険料の差額は1000円もかかりません。

保険会社によって違いはありますが500円~600円程度で1千万円を無制限にできるところもありますし、高いところでも900円程度で済みます。

今ではほとんどの保険会社が対人と並んで対物も無制限を標準的なプランにしています。

間違えられやすいのは、自損事故の場合もこの対物賠償が使えるのではないかという点ですが、「対物」とあるように他人の持ち物に損害を与えたときにしか適用されません。

つまり、自分の家や塀などに車をあてて壊してしまった場合など、自分や家族の持ち物などは事故で損害が出ても補償の対象になりません。

自動車保険の対物補償というのは、最低限、他人に迷惑をかけないためにある賠償であるといえるでしょう。

自分や家族を守るための生命保険と違って、自動車保険は他人に迷惑をかけた場合に、きちんとそれを償えるだけの準備をしておくための保険ということになります。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ