人身障害はがんばって限度額5千万円にしておきたい

人身障害保険は自動車保険自由化後に登場した比較的新しい自動車保険のメニューです。

東京海上が最初に販売し、その後各保険会社にも一気に広まりました。

今では通販型でもすべてこの人身障害が付けられるようになっています。

一方で霞んでしまったのが搭乗者障害保険です。

運転者、同乗者、家族のケガ等をほぼ完全にカバーすることができる人身障害の登場によって補償範囲が限定的だった従来の搭乗者障害は存在価値が低くなってしまったのです。

現にレンタカー会社などは全面的に搭乗者障害から人身障害に切り替えてしまっているようですよ。

人身障害の一番の特徴は、事故による本人、家族、家族以外の同乗者のケガなどが補償され、しかも本人、家族は他の車による交通事故の補償対称になるという点です。

補償は搭乗者障害のように定額ではなく実際にかかった費用が補償され、しかも示談成立前(過失割合が決まる前)でも全額が支払われるます。

保険会社は相手方の過失割合分も立て替えて支払い、示談後に相手方に過失割合分を請求するというわけです。

補償される費目は、事故の治療費から慰謝料・休業補償などにまで及びますので、限度額の範囲内とはいえ、ほぼ完全に実損害額が補償されることになります。

まとめていえば、自動車事故を起こした場合、自分の側の人身的被害について、被保険者の過失に関係なく、保険会社から契約した限度額までの損害賠償金を実額で受け取ることができるのが人身障害保険というわけです。

この人身障害補償保険は完全保証型保険ともいわれますが、補償の範囲が広いだけに通常の補償に比べて保険金の掛け金が高めになります。

でも人身障害を付けると付けないでは安心感が全く違いますので、予算との相談もあるでしょうが、少なくとも上限3000万円、できれば5000千万円で人身障害を付けたいものです。

保険会社によって違いはありますが、限度額3000万円を5000千万円にするには、せいぜい1000円前後の保険料上乗せで済みます。

安心感の違いから見れば高い買い物ではないと思います。

定額の見舞金的な性格の搭乗者障害は人身障害があれば必要ありません。今の自動車保険に搭乗者障害が入っていたらそれを外して心身障害に入れ替えればいいでしょう。

今ではほとんどの保険会社がモデルプラン、おススメプランなどに人身障害をセットするようになりました。

「対人・対物:無制限、人身障害:5千万円」がこれからの自動車保険のメニューのスタンダードになるのだと思います。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ