" 軽自動車の保険~車両保険をどうするかが悩ましい

軽自動車の車両保険はエコノミータイプで充分?

車両保険は、自動車保険の中で最もコストパフォーマンスの悪い保険、つまり補償額に対して支払う保険料が高くなる保険です。

一般タイプの車両保険だとたった数百万円程度の補償のために何万円もの保険料が必要になります。

保険会社によっては車両保険を追加するだけで保険料が倍近くまで跳ね上げることも珍しくありません。

中でも軽自動車の場合は、維持費に大きく響くことから車両保険を付けるかどうかは悩ましいことの一つになってしまいます。


軽自動車の保険 ローン残がある車や新車には車両保険があると安心

間違えなく言えることは、新車であろうが中古であろうがローンを組んで買った車だったら車両保険を付けた方がいいということです。

例えば大きい損害の事故になると、車の修理費用の支払とローンの支払いというダブルパンチになってしまいます。

また最近は200万円近くの軽もあり、新車から数年の間は車両保険を付けた方が安心かもしれません。

まあこれは、人それぞれのいざという時の資金調達の考え方に関わってきますので一概には言えないでしょうが。


軽自動車の保険 車両保険をいざという時に使えない保険にしてはいけない

逆にやってはいけないことがあります。

それは、ちょっとした傷や凹みなど小額の修理を保険で行うことをあてにして車両保険を付けてはいけないということです。

2013年からのペナルティー強化によって、事故などで保険を使った時の等級ダウンがかなり厳しくなりました。

数万円程度の損害で車両保険を使うと等級ダウンによる保険料の値上がりの方が大きくなり、全体では大幅に損をしてしまうのです。

代理店勤務の知人にある機会に聞いてみたら、ペナルティー強化後は大体10万円程度までの修理だと車両保険を使わない方がお得になるという話でした。

ペナルティー強化前でも「この程度の傷なら3等級ダウンになる車両保険を使わない方がいいですよ」と代理店から言われ、「一体何のための車両保険なの?」という思いをしたものですが、この問題が一層厳しくなってしまいました。

もはや車両保険は、全損や盗難など大きな損害の時のためのもので10万円程度までの修理は自前でやるという割り切りが必要なようです。

ですから、車両保険を付ける時に忘れていけないのは、免責を少なくとも5万円(10万円でもいいかもしれません)にすることです。

免責をゼロにして高い保険料を払っても、10万円までの修理には事実上車両保険を使えないのですから。

もう一点、ポイントがあります。

車両保険には、単独事故、当て逃げなどまでカバーする完全カバーの「一般タイプ」と、単独事故、当て逃げはカバーされない「エコノミータイプ」という選択肢があります。

軽自動車に合うのは、ぐっと保険料が安くなる「エコノミータイプ」だと思います。

「エコノミータイプ」でも事故による損害はもちろん、盗難、自然災害までカバーされますので充分ではないでしょうか。

当て逃げと言ってもほとんどは駐車場で擦られるといった程度でしょうし、自損事故は自分の安全運転努力で何とかしましょう。

高価な普通自動車の場合でも「エコノミータイプ」にして保険料を節約している方がたくさんいます。(この私も車両保険は必ず「エコノミータイプ」にすることにしています。


軽自動車の保険 車両保険の保険料は保険会社によるバラつきが大きい

以上のことをわかった上で、最後に注意したい点が一つあります。

それは、車両保険というのは保険会社による保険料の違いが大きいということです。

例えば、車両保険無しではA社一番安かったからといって、車両保険を追加した保険料でもA社が一番安くなるとは限りません。

車両保険の条件が違うから保険料が違ってくるのではなく、同じ条件で比較しても保険会社によって大きい違いが出てきます。

ですから、車両保険を付けた軽自動車の保険料を安くするためには改めて各社の保険料を比較し直してみた方がいいのです。

また車両保険の追加をきっかけに、ディーラー任せにしてきた自動車保険を一括見積りで一番安いところに切り替えたら、車両保険を追加してもそれまでの保険料より安くなったという人を何人も知っています。

車両保険を追加しようと思っている場合は、ぜひ無料一括見積りで各社の保険料をチェックしてみてください。

今人気があり使いやすい一括見積りの詳細はコチラです。コチラ ズバット自動車保険比較


■車両保険など補償に変更があった時は一括見積りで各社比較を

自動車保険一括見積りは、車両保険を付ける時や原付の特約を付ける時など、自動車保険の節目、節目に欠かせない比較ツールです。

変更後の新しい条件を一度入力するだけで数多くの保険会社の保険料を一挙に比較することが出来るからです。

更に、車両保険の場合だと一般タイプとエコノミータイプの場合の保険料の違いもシミュレートできます。

中でも当サイトで利用者が多く人気の高い3サービスは次のとおりです。

第一位

ズバット自動車保険比較

数分の入力で最大20社を一括比較。
契約期間中途でも満期60日前の自動見積もり予約が可能。
見積結果を画面の比較表で一覧比較できます。

第ニ位

保険スクエアbang!

たった数分の入力で最大19社に一括して見積り依頼。
メールで専用の見積結果ページの通知が受けられます。
いま最も使いやすくて優秀な一括見積もりだと評判です。

第三位

インズウェブ

最短5分の入力で最大22社に見積りを一括依頼。
見積り結果はリアルタイムで画面に表示されます。
いま最も多く利用されている一括見積もり。


■車両保険の保険料の各社による違いを調べてみた

上で車両保険の保険料は保険会社によってバラツキが大きいといいましたが、その保険料の違いは殿程度になるのかを調べてみました。

軽自動車ではなくスズキスイフトでの例ですが、結果は次のようになりました。

  <保険会社>    <車両保険無①>  <車両保険有②>  <車輌保険料②-①>

  アクサダイレクト    23,110円      46,610円      23,500円

  ○○○○○ホーム    31,060円      62,080円      31,020円

  損保ジャパン      35,370円      73,770円      38,400円

  三井住友海上      39,320円      80,200円      40,880円

  <見積条件>
  スズキスイフト 年齢:30歳 等級:12等級 ブルー免許 運転者:本人限定 用途:日常・レジャー
  走行距離:8000km
  対人、対物:無制限 人身障害:3000万円 車輌保険金額:125万円 免責:5万円

一般タイプの車輌保険での見積りですから、各社とも保険料が高く、車輌保険を付けることによってほぼ2倍になっているのが分かります。

注目すべきは、一番安いアクサダイレクトの23,500円に対して、一番高い三井住友海上の保険料は40,880円と1万7千円以上も高くなっていることです。

またこの結果から、例えば損保ジャパンからアクサダイレクトや○○○○○ホームに保険会社を切り替えれば、車輌保険を追加しても全体の保険料が安くなってしまうことも分かります。

三井住友海上から切り替える場合も同様ですね。

これは NTTif の一括見積りサイトで見積りをしたのですが、この結果のように一括見積りで各社の車両保険付の保険料を比べてみれば、保険会社によって驚くほどの保険料の違いが出ることが分かります。

車輌保険の追加は自動車保険にとって保険料が大幅に上がる大きな変更になります。

このような大きい変更の時には各社の保険料にどのような違いが出るのかを、一括見積りでぜひ確かめたいものです。

維持費を出来るだけ安くしたい軽自動車なら尚更ですね。


■評価額の100パーセントが補償されるとは限らない

車両保険の保険料は車の本体価格に応じて決まります。

車の本体価格が高ければ全損などの時の補償額も高くなるので保険料もそれに比例して高くなります。

最近では、車にカーナビゲーションや、オーディオセットなどの特別装備が付いている車が多くなってきました。

でも車両自動車保険は車の本体価格で補償されますから、こうした車の特別装備に関しては補償の対象にならないので、予め承知をしておいた方がいいでしょう。

車両保険をつけておけば事故が起きた時に示談交渉がしてもらえるのは安心というメリットがありますが、補償の方は車の評価額の100パーセントが補償されることはないのだと認識しておいた方がいいでしょう。


<ちょっとお耳を拝借>
車両保険が欠かせないのはローンが残っている車です。
最低限「車対車+限定A」をつけていざという時のショックに備えましょう。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ