ファミリーバイク特約、等級プロテクト特約がおススメ

軽自動車の保険の特約についての紹介の続きです。

■ファミリーバイク特約

125CC以下のバイク(原動機付自転車)の事故について、バイク単独の保険よりも安価な保険料で補償が行われる特約。
家族全員が対象となり、複数台のバイクでも借りたバイクでも適用されるというメリットの多い特約です。

■等級プロテクト特約

事故を起こしてしまった場合でも、この自動車保険の特約を付けると、保険会社が定めた条件に該当する事故であれば、等級を下げさせずに据え置くことができる特約。
特約の適用は通常年に1回のみ。

■子供特約

自動車保険を契約した被保険者の子供が、車の運転をするようになったときに主契約の年齢制限条件を替えることよりも比較的安い保険料で子供の事故も補償ができる特約。

■他車運転危険担保特約

他人から借りた車で事故を起こした場合、通常は車の持ち主の自動車保険が使われますが、この特約を付けることで、自分の保険から優先的に保険金を支払うことができる特約。
自動車を借してくれた人に等級が下がるという迷惑をかけずに済みます。

■車両新価特約

事故によって車両の損害があった場合、補償額は車の修理代か、時価額が上限になるが、車両新価特約は、新車価格相当額を補償するというもの。保険会社によって「修理費が、新車購入時の価格の50%以上になる時」などの条件がある。

■臨時運転者特約

契約者と家族など以外の運転者(臨時運転者)について、年齢条件を適用せずに補償される。不特定多数の人が車を運転するという場合に適した特約。

■家族サポート

事故で死亡又は講師障害が生じたときの家族の負担をサポートする特約。
この特約の内容には、「介護費用担保特約」「育英資金等担保特約」「ホームヘルパー費用担保特約」等がある。

■日常生活賠償責任担保特約

日常生活の中での偶然の事故(自動車にまつわる以外の事故)により、他人に損害を与えて法律上の賠償責任を負った時に、保険金が支払われる特約。


このページの中でのおススメは上の方の二つです。

ファミリーバイク特約は、家族に原付バイクを運転する人がいるなら絶対におススメです。

単独のバイク保険だと数万円の保険料が避けられませんが、この特約だと1万円前後の保険料追加で本体の自動車保険並みの補償が受けられます。

上から二つ目の等級プロテクト特約も大変メリットの大きい特約なのですが、メリットが大きいだけに保険会社にとってはあまり売りたくない特約のようで、年々保険料が高くなり、特約自体を廃止するところも多くなりました。

事故っても等級が守られると、安全運転のモチベーションが下がってよろしくないのかも知れませんね。

<当サイトのメニュー>
ホーム自賠責保険は義務加入任意保険は欠かせない任意保険を自分で選ぶ損保と共済
代理店型と通販型自動車保険を比較対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険軽の車両保険
特約の種類①特約の種類②自動車保険の用語



このページの先頭へ